お金を借入れたら残高を知ることが大切

キャッシングをして数回に分けて返済をするときには利息が付くので、100万円借りれば返すときも100万円ということはありません。返済する回数や借入をした金融機関で定められている利息などによって計算方法があり、それによって毎月の返済額を決めてくれます。そしてその額を毎月返済していくことになるのですが、途中でお金に余裕があるときにまとめて返済をすることも可能です。返済を続けていくにあたって残高がどれだけあってあとどれくらいの期間支払うのかを確認することが必要になってきます。残高は取引後の領袖の明細に記載されていたり、金融機関によってはそのサイトで見ることもできます。毎月の返済で引き落としのための通帳に返済額以上のお金を入れておかなければ延滞になってしまうので残高や支払期間をきちんと把握しておくことはとても大切です。残高がゼロになって初めてその金融機関との取引が終わることになります。キャッシングを申し込むときには、他社からの借入はないか、もし借り入れているなら残高はあといくらかということも申告し、審査の対象になります。

他者の借入に対する残高が多いと融資することができなくなるという可能性があります。消費者金融では借り入れh限度額は申込者の年収の3分の1までと決められています。申込者個人の年収の3分の1までなので、他社でその限度額の大半がまだ残高として残っていたら、新しく借り入れることができなくなるか、また借りられたとしても少額となる可能性があります。しかしそれらの審査は借り入れる側が返済に困ってしまうことがないように貸金業法で定められている内容です。自分の年収ならいくらまで借り入れが可能か、またどのくらいの期間、毎月いくら返済すればよいのかということを事前に知ることができる「借り入れ」「返済」のシュミレーションができるサイトがある金融機関もたくさんあるので、お金を借りたいという前に、金融機関のホームページで確認して無理なく計画的に返済ができるように考えることが大切です。